理学療法士が起業?

【この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。】

理学療法士の私がなぜ起業したのかを少し話させていただければと思います。

理学療法士の給与

普通にクリニックや病院、老人ホームで働いてきました。転職をすることで給与が上がったり、やりたいことをするために給与が下がったりとしていました。

同じ会社でずっと働くことで、給与が上がり、役職に就くことができて更に給与が上がっていくのが一般企業なのでしょうか?

今までの一般企業で働いたことがなかったのであまりわからないのですが…

理学療法士に関していうと、同じところで長く働いてもたいして給与が上がらないのが普通になっていると思います。

理学療法士の給与が上がらないのは経営的には仕方ないことなんだと思います。

1年目の理学療法士がリハビリをしても、20年目の理学療法士がリハビリをしても病院としてもらう診療報酬に差がないのが原因にあります。

また、1週間に診れる患者さんの人数(単位)にも制限があり、やればやっただけ報酬が増えるというものでもないのです。

1人の理学療法士が稼げる金額が決まっているのです。

それに医療報酬の改定などがあり、点数が少なくなってきていることもあり給与を上げていくことが難しくなっているんだと思います。

 

雇われているということ

会社で働いているかぎり、1日のほとんどの時間を仕事に使わなければいけません。時間を切り売りして給与を稼いでいくことになります。

自由な時間が少なくなってしまうのです。自分で自由に時間を使って働きたいと考えはじめて雇われるではなく、雇う側にならない限りそれは難しいことだと実感したのです。

 

起業してみて

やってみたいことがあり、起業してみました。本業の休みの日を使って起業していましたが、余計に自由な時間はなくなりました。当たり前ですよね。最初は自分で全て動くしかありません。

自由な時間はなくなったけど、自分でやりたいと思ったことを出来るのは楽しいですね。

また一緒にやってくれる仲間も出来ました。人の繋がりは本当に凄い。これからも、一緒にやってくれる人を募集はしていますので、連絡いただければと思います。

起業というと、あまりいいイメージではないかもしれませんが法に触れるようなことは一切しておりません。そのあたりは安心していただけると思います。

 

なぜ、ホームページを作ってるの?

以前っていっても半年前に今とほとんど同じ形でホームページを作っていたのですが…

自分の無知のせいで全て消えました。もう1つホームページを作ろうとして2つとも消してしまうというドジをしてしまいました。再度頑張って作り直していますが、なかなか進まないですね。それでも作ろうと思ったきっかけは自己紹介に書かせてもらいましたが、かなりの転職歴があります。こんなに転職をする人はなかなかいないと思いますが、この経験が誰かの役にたつのなら少しでも情報として残しておきたいと思いました。

また、一般の方にはリハビリってどんなことするの?評価ってなに?アセスメント?訳のわからない言葉だらけだと思います。身近な人がリハビリを必要とするかもしれません。少しでも情報として知ってもらえたらいいなって思っています。

また、こんなことしてる理学療法士もいるんだなって知ってもらえるといいなと思っています。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です