新型コロナウイルス感染症が拡大し、緊急事態宣言が発令されました。

【この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。】

最近ずっと投稿できていませんでした。久しぶりに書いていきたいと思います。

また緊急事態宣言が出ました。

この緊急事態宣言というものが出ることで、私がしている仕事が一時的に止まってしまうのです。

現状の仕事など、紹介していきたいと思います。

 

 

施設への訪問

前回、前々回の緊急事態宣言の発令の時には、ほとんどの施設への出入りはできなくなりました。

新型コロナウイルスがどのようなものなのか、いまいちわかっていなかったこともあり、施設の安全管理上仕方ないことだと思います。

今回の緊急事態宣言では、施設の出入りは禁止されることはありませんでした。

期間が短いこともあると思いますが、2回の緊急事態宣言を経験し、理学療法士が行う運動・施設内での運動などの助言を必要としているとお話をいただきました。

今まで、やってきたことが認められた気がしてとてもうれしい気持ちになりました。

今回、出入りを禁止されなかったことを裏切らないようにしっかりと仕事をしていきたいと思います。

いつもできることをしっかりと行っているのですが、、、

 

個人宅への訪問

個人宅への訪問に関しては、緊急事態宣言が発令が直接的に関係することはあまりありません。

中には、とても気にされるかたもいらっしゃいますので、無理に訪問を行うことはしていませんでした。

無理に訪問することはせずに、電話や動画などで現在の状況を確認し、行ってもらいたい運動をお伝えしています。

ご利用いただいている方の、要望にできる限りあわせて、サービスの提供を行っています。

 

新規サービスの検討・営業

昨年より、新型コロナウイルスが徐々に拡大し、事業モデルの変更を行わなければサービスを継続することができなくなりました。

対面でのサービス提供が大前提で行ってきたサービスですが、新型コロナウイルスが拡大し、テレワークやオンライン、リモート会議など、ネット環境を使用しサービス展開を施設へ営業をしています。

一緒にサービス提供をしてくれる仲間を募集しています。

興味のある方は、問い合わせよりご連絡いただければと思います。

 

終わりに

新型コロナウイルス感染症に対し、弊団体では

・手指の消毒
・マスクの着用
・使用備品の消毒
・サービス提供前の担当者の検温

を行っております。

当日担当者の体調が少しでも悪い・違和感がある場合には、お伺いする前に連絡をさせていただいております。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です